永代供養の意味と供養に掛かる費用

  • 永代供養の意味と供養に掛かる費用

    • さまざまな理由によって、お墓参りができなくなってしまったり、お墓を継いでくれる方がいなくなってしまった場合には、お寺などに「永代供養」を依頼することで無縁仏になることを防ぐことができます。



      「永代供養」を依頼すると、お寺などが責任を持って供養と管理をしてくれる「永代供養墓」と呼ばれるお墓に入ることができます。
      このお墓の場合には、他の方と一緒のお墓に納骨されたり、一つの納骨堂に一緒に納骨されたりするのが一般的です。
      そこでこれらのお墓は「合祀墓」「合葬墓」「合同墓」「共同墓」「集合墓」「合葬式納骨堂」などとも呼ばれることがあります。

      桑名で家族葬情報があります。

      また、そのお寺によっては「永代供養塔」「永代供養廟」「永代納骨堂」「永代納骨廟」「倶会一処墓」「生前個人墓」「永遠墓」など多くの別称がありますが、同じ物です。



      一般的にはこれらのお墓に納骨される時には宗教や宗派を問われることはなく、どなたでも受け入れられます。

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12140658282

      また、個人墓である場合を除けば、一般のお墓と比べて費用を抑えることができると言われています。


      これは墓石の費用が掛からなかったり、墓地の使用料が割安になったりなどするためです。

      http://www.mbs.jp/news/sp/national/20170325/00000040.shtml

      また、存命中に事前に申し込みをしておく場合には年会費などの別途費用が掛かることもありえますが、亡くなった後に申し込む場合には、申し込み時に一式の料金を支払ってしまえば、一般的にはその後で維持管理のための管理費などの費用が請求されることはないとされています。

      https://okwave.jp/qa/q1049316.html

  • 関連リンク

    • 永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり供養や管理を行ってくれます。自分で管理する必要がなく、一般的なお墓よりも費用を抑えることが可能です。...

    • 永代供養とはお寺や霊園が永代にわたって管理や供養をしてくれる埋葬方法の事です。私の場合離婚してまして息子二人ですが、それぞれ独立してて、本家だとか先祖代々守り続けるという生活でもないのでお墓もありません、私が亡くなった場合新たにお墓を購入したり、檀家だとかお彼岸、年忌法要なども、気が遠くなるほど度々で、勿論それぞれ意味があるのですが、実際行う方は大変です。...